腰痛になる原因とは?

腰痛になる原因とは?

腰痛になる原因としては人によって様々で、しかも、複数の要因が複雑にからみ合っている場合がほとんどでしょう。

当然、明らかな背骨の疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)や腰の関節や筋肉の疲労、内臓の疾患(後天的な要因が元になる場合もありますが、先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることもあるでしょう)の影響によるものなど、身体的な原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)から腰痛になる人が多いですね。

しかし、最近では、心理的な要因からも腰痛が起こるということが、社会的に認知されてきていますよね。

つまり、ストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)も腰痛の大きな原因のひとつなんです。

中には、精神的ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)のみで腰痛を引き起してしまう人もいることでしょう。

それに、同じように腰に負担のかかる作業をした場合、腰や背中の筋肉にかかる負担が、気持ち的に感じる負担やストレスを抱えている人の方によっても大きくかかることがわかりました。

また、腰痛を心配して運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を避けすぎることも、逆に腰痛を悪化させる原因となってしまいます。

腰回りの筋肉が運動不足によって硬くなると、柔軟性に欠けてしまうから、ちょっとしたことで腰に痛みを感じるようになります。

長時間の同じ姿勢が腰に大きな負担をかけてることも、多くの人が経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)済みんですよ。

ニ足歩行をしている以上、避けられないのが腰痛だと言いますが、できるだけ腰の周辺の筋肉を鍛えるなどすることで、予防したいものです・



TOP PAGE