腰痛には電気治療が効く?

腰痛には電気治療が効く?

腰痛に電気治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が効くのかどうかと言う事については、賛成意見と反対意見多々あるのです。

腰痛に対する電気治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)の効果は、科学的には証明されていないからです。

しかし、この治療による効果の有無についての研究では、一定の原因による腰痛には効果を持つと言った報告もありますよ。

腰痛の電気治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は、患部に電流を流し筋肉に刺激を与え、腰の奥の筋肉を緩める効果や筋肉のトレーニング(正しい方法で行わないと望むような成果が得られないことも少なくありません)効果を有するであると言われています。

大別すると、低周波刺激(SSP)、中周波(EMS)、干渉低周波の三種類の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)があるみたいです。

SSPはツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)に低周波を当てて疼痛を軽減しようとするもの、EMSは筋肉に刺激を加えて筋収縮を行わせ、マッサージ(血液の循環やリンパの流れが改善されます)効果と筋力(加齢とともに?えていくので、できるだけ日常的に意識して鍛えることが大切ですね)UP効果を狙う治療方法です。

電気治療が行われるのは、主に筋肉疲労などが原因となっている腰痛で、ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症(手術をしても治らないこともあるでしょう)には効果がありません。

整骨院などで電気治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を受けたら、なんとなく腰の痛みが楽になる、というのは多?の患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんが経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)しているところでしょうので、科学的根拠は別として、それなりの効果が認められると言っていいかもしれません・



TOP PAGE