腰痛がひどくなる椅子がある?

腰痛がひどくなる椅子がある?

腰痛がひどくなる椅子というものは、座っている時の姿勢が悪くなってしまったり、腰に負担がかかってしまう椅子(日本語では?かけともいい、色々な形のものがあります)です。

まず、背もたれのない椅子は論外です。

自分で背骨を支えなければならありませんから、背中や腰の筋肉が休まらず、負担が掛かるでしょう。

次に、その背もたれが直立していたり、硬かったりする椅子(安楽椅子や肘掛椅子、スツール、ソファーなど、形状も座り心地も様々です)はいけないのです。

寄りかかろうとした時に、如何しても臀部が前に出てしまい、腰に負担が掛かってしまいますし、姿勢を変えることも出来ないからです。

背もたれが背中の半分より低い椅子(日本語では?かけともいい、色々な形のものがあります)も、腰には良くないでしょう。

寄りかかろうとすると、体が後ろに倒れてしまうため、腰に余計な負担がかかるのです。

また、クッション(スポンジやビーズなどの柔らかい素材が入っている洋風の座布団のようなものですね)が柔らかすぎる椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)、厚すぎる椅子(日本語では?かけともいい、色々な形のものがあります)は、立ったり座ったりする時に反動がつけにくく、不自然な力が入ってしまうのです。

以上のように、椅子の選ぶ方法で腰痛が酷くなってしまったり、軽くなったりするためす。

特にパソコン操作などの座り仕事の多い人は、椅子(日本で椅子が普及し始めたのは明治時代以降なんだとか)は慎重に選ぶようにしましょう・



TOP PAGE